2018年11月07日

母に合わせた手摺

私の母は64歳で、脳出血で倒れ、一人で歩けなくなりました。
一生、ベッドの上か、車椅子の生活になりますと告知されました。

その時、父は69歳!
父は母に苦労をかけたことへの恩返しの如く
介護とリハビリ介助を頑張ってくれ、何年か後には母はつかまり立ちができるようになりました。

時々、我が家に遊びに来ることがあります。

我が家もバリアフリーが必要。
家の表玄関は車いすで入れる家にしよう。

手摺はどうしようか?

母に合わせて、設置した方がいいかな?

母のトイレ介助をしながら、母も楽で、わたしも楽な姿勢でないと腰が痛くなるかも。

狭いトイレだけど、工夫をしました。

ネットで、トイレ用手摺を探し設置

壁の手摺は母が立ち上がる時用、立ったときに支えとして持つ用、トイレから出るときに持つ用。でもオシャレな感じがいいなぁ。

なんだかワクワクしながら、構想した。

電動ドライバーを旦那さんからもらい、DIY♡







母はもういないけど、この手摺はこのままにしておこう。

看護・介護に携わる方の癒し処 えびこ庵
https://ebikoan2018.jimdofree.com/


同じカテゴリー(私の介護経験)の記事画像
母に感謝
同じカテゴリー(私の介護経験)の記事
 母に感謝 (2018-11-13 19:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。